お問い合わせ

TEL: 0853-21-3578

FAX: 0853-23-1065

 担当:常陸(ひたち)

営業時間

9:00 ~ 17:00(月〜金)

 

お問い合わせフォーム

遠心ポンプ アルファポンプ

ターボ型ポンプと容積型ポンプ双方の特徴を持つ、革新的なポンプです

α125
α-125

多量の気体吸い込み性能

バブル
バブル

多量の気体を吸い込み、インペラーの高速回転で微細化し、効率よく液体内に混入させることができます。

 

アルファポンプの気体吸い込み性能試験では、最大40%(α-125)近いボイド率を達成しました。

 

オゾン等の混入による水質浄化対策に最適です。


【用途】水質浄化対策・養魚場・養殖場

    マイクロ・ナノバブル発生装置

    水素・窒素・二酸化炭素混入装置






優れた気体吸込性能

固形物の搬送

ポンプ内流路が広いことから、水と共に大豆などの固形物を送ることができます。

この技術を乳化装置「ユメトマック」に応用しています。

横浜国立大学・九州工業大学・松江高専との共同開発により、アルファポンプの流体力学的な研究開発を進めています。

 

松江高専と共同開発しているアルファポンプが、グリーンイノベーションEXPO2012(東京ビッグサイト)に出展されました。

 

 

 

ポンプ性能 比較図表

一段の新型ポンプと三段の既存ポンプとの比較

既存のポンプと比較した特徴

1.ポンプユニットが小型で高圧性能を持つ。(既存の遠心ポンプの1/3程度の大きさ)

 

2.ポンプ構造がシンプルで、分解組立が容易である。

 

3.気体の吸込み性能に優れている。(α-80の場合:25〜30%のボイド率)